新6年生に向けての保護者会に行ってきた。


昨日12日(土)に新6年生に向けての「保護者会」に行ってきました。
土曜日ということもあり、夫婦で参加している人も多く、結構な盛況でした。

まとめると、こんな感じ

 ・土曜日特訓を含めて、SAPIXでの滞在時間が長くなる
   ⇒ 当然 ①家庭学習が短くなる ②テキストが厚くなる
   ⇒ 全部に対応することは無理。ヤルこと、ヤラナイことのメリハリをしっかり。
     時間の使い方を考えること。 
   ⇒ 夏休みまでには「基礎を徹底的」にやる。
     実践的・応用については、夏休み以降で間に合う。

5年生になるときに「じっくり・こつこつ・ていねいに」という名言をSAPIX保護者会で
いただきましたが、今回はより具体的に次の言葉をいただきました。

  「取りこぼしをしない」

計算間違い、問題の読み間違いなどの「取りこぼしをしない」ことが合格への
秘訣だということを改めて実感しました。

「取りこぼしをしない」ためには、漢字などの国語の知識/計算間違い/理科・社会の
基礎事項の理解などの基礎を夏休みまでに徹底的に取り組むこと。

親にとっては「あと1年」、子供にとっては「まだ1年」という時間軸の違いを理解。
子供の「伸び」は親の想像を超えるということ。
つまり、子供を信じるということ。

ということで、焦りもありますが「じっくり・こつこつ・ていねいに」をモットーに
夏休みまでの基礎を徹底的に取り組むに向き合いたいと思います。

あと1年を走り抜ける覚悟をした、という保護者会でした!!


この記事へのコメント