2017年12月までの記録

さて、親子で挑む中学受験ブログを書き始めようかと。

 ・私:40代会社員。地方出身。中学受験に失敗し、高校から編入。
 ・奥さん:40代。地方出身。中学、高校ともに公立出身。
 ・息子:今、4年生。

昨年の今頃でした。受験をするかどうかを悩みはじめて、奥さんの議論した記憶がある。
私「やるべき。可能性を広げるため。」
奥さん「無理しなくても、公立でも十分じゃない!?」
私「俺が面倒をみるからやる。」
奥さん「勝手にやれば。」
という、やり取りの結果、受験に向かうことにした。

そして、塾の選択。これは、SAPIXの一択。なぜなら実績があるから、それしかない。
早稲田アカデミー、日能研、四谷大塚も考えて説明会を聞いたけど、SAPIXから他の
塾には転塾できるけど、他の塾からSAPIXは相当難しい。
後悔しないためには上から行くのがベスト、と考えてSAPIXに決めましたよ!

息子が通うSAPIXは「小規模校、6クラス」です。
で、2017年12月マンスリーが終わった時点で「Aクラス」。。。。最下位クラス。。。。

さすがにマズイので改めて仕切り直すことに決めた。
で、読んだ本がコレ。
桜井さん、うちの子受かりますか? ―中学受験 親の悩みにすべて答えます -
桜井さん、うちの子受かりますか? ―中学受験 親の悩みにすべて答えます -

これイイ、ホントにイイ。
SAPIXをやめる、中学受験をやめるまで考え始めたこの数週間に読んだ。タイミングも良かった。

腹を括った!!!
何かを疎かにしてでも中学受験に挑む。それだけの価値があるんだと信じてる。
あと2年、今日から息子と一緒に頑張ることに決めた!!

最下位からの中学受験だから「挑む」。
「下剋上受験」的になってきて、ちょっとテンションが上がってきた!!
下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した! -
下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した! -

記録の意味を含めて、ブログを書いていきますよ~。

この記事へのコメント